わかば整骨院

徳島県名西郡にあるわかば整骨院 | スポーツ障害 交通事故治療 腰痛

ドケルバン病

  • こんなお悩みをお持ちでないですか?


    ☑スマホを操作していると手首から親指が痛む。
    ☑始めは違和感程度だったが、今ではズキッと鋭く痛むことがある。
    ☑キーボード操作に支障をきたすほどの痛みで、仕事が進まない。
    ☑手首の辺りが腫れてきた。
    ☑親指や手首を動かすとギシギシと軋み、激痛が走る。

そもそも、なぜあなたは「ドケルバン病」になってしまったのか?

  • ドケルバン病の原因は、手首や指の使いすぎによる炎症です


    ドケルバン病は、手首から親指にかけて激しい痛みを感じる腱鞘炎の一種です。

    人間の手首には、指を動かす為に必要な『腱(けん)』と『腱鞘(けんしょう)』という2つの組織が通っています。
    腱は細いヒモ状、腱鞘はトンネル状になっており、ヒモがトンネルの中を通るようなかたちで、腱が腱鞘に守られています。

    しかし、長時間のスマートフォンやパソコン操作、筆記作業、スポーツなどで手首や指を酷使すると、腱と腱鞘が過度に摩擦を起こすことになります。
    摩擦によるダメージが蓄積し、炎症を起こしているのが、ドケルバン病の痛みの正体です。

    手首や指は、日常生活において非常に使用頻度が高く、自然回復が難しい症状です。

    症状が進行すると、場合によっては手術が必要になってしまう可能性があります。
    そうなる前に改善していくことが大切になります。

では、なぜ当院の施術でつらい「ドケルバン病」が改善に向かうのか?

  • 炎症の鎮静に効果が期待できる施術法により、ドケルバン病の原因を解消することができるからです


    病院などで一般的なドケルバン病への対処法は、痛み止めの処方やステロイド注射などです。

    しかし、痛み止めの薬は症状を一時的に抑えるだけの表面的なアプローチでしかありません。
    ステロイドは炎症を抑える効果がありますが、副作用の心配などで「正直あまり続けて受けたくない…」という方が多いです。
    特に、生活習慣がきっかけで再発する可能性のあるドケルバン病の場合、ステロイドはメインの処置としておすすめできません。

    そこで当院では、炎症を抑えるために筋膜治療をおこないます。
    筋膜治療は炎症の鎮静、深部まで効果を届け、痛んでいる腱に直接アプローチすることができます。

    これにより症状が改善へ向かうだけでなく、生活習慣のアドバイスなどにより、ドケルバン病が再発しない身体を目指すことが可能です。